生活を便利にする課金

家事やる時間って無駄ですよね。それを極力減らせないかという試みをいくつか紹介します。 紹介しているものは全部月並みで別に目新しいことはないんですが「あるのは知ってるけど実際どうなの」という口コミ的なのを書ければいいなと思ってます。

1. ロボット掃除機

最初に紹介するのはロボット掃除機。あまり掃除をしない私のために毎日掃除してくれます。 色々メーカーがあるかと思いますが私の手元にあるのはパナソニックのRULO。

スマホで操作はできないモデルを買いました。特に外出先から操作したいと思わないので。

良い所:

  • 家を出る前にスイッチを押すだけでOK
  • 目に付くホコリは大抵掃除してくれる
  • 角のホコリも取れる

悪い所:

  • 狭い隙間は掃除できない
  • 椅子の脚の間から抜け出せないことも
  • ダストボックスが一杯じゃなくてもセンサーにホコリが反応して手入れが必要なことがある
  • ケーブル類を巻き込む
  • うるさい
  • 足元でちょこまかして邪魔

よく訊かれるのは「角もちゃんと掃除できる?」ですが角は割と綺麗に掃除できます。 どちらかと言うと(当たり前ですが)棚と壁の間とかのRULOが入れない隙間が弱いですね。 あとは椅子の脚とかの入れるけど狭い隙間から抜け出せないこともあります。 買って数日は掃除の様子を観察して問題ないか確認した方がいいでしょう。

手入れは少し面倒です。 ダストボックスが小さいので数日に一回はダストボックスの中身を捨てる作業が要ります。 サイクロン掃除機とかと違ってホコリは圧縮されないので捨てるときに気をつけないと舞います。 まあでも逆に電源ケーブルの面倒な取り回しはないのでそこは楽ですね。

あとは大きなデメリットとしてうるさくて邪魔というのがあります。 在宅中にはほぼ使えないと思っていいでしょう。 私は家を出るときにスイッチを押す運用にしています。 外出の用事がない日はスイッテを入れたあと近所を散歩したりしてます。 余談ですが都立9庭園共通年間パスポートを持っておくと気分よく散歩できます。

他にはパソコン周りのケーブルや弓の弦を巻き込んで止まってたり竹刀や木剣をなぎ倒してるケースが何度かありました。 掃除機が入れない隙間に移動させるとか絡まないようにまとめるとかして守りましょう。

ロボット掃除機を上手く使うために:

  • 掃除する時は椅子を上げておく
    • 小学校の頃やったよね
  • 敷居のない家に引っ越す
  • カーペットを敷かない
    • 掃除機自体は対応してるものが多いが、毛からホコリが生まれるので無いほうがよい
  • 家具を減らす

2. 食器洗浄機

略して食洗機。毎日の面倒な食器洗いが楽になります。 また、多少洗い物が増えても気にならなくなるので調理器具を節約しながら料理しなくて済むようになります。

うちにあるのはパナソニックのプチ食洗。パナソニックくらいしか作ってる所がないみたい?

都心住まいにしてはキッチンは広めに取ってますがそれでもプチ食洗を置くのでいっぱいいっぱいでした。

良い所:

  • 洗ってくれる
  • 乾燥してくれる
  • 洗浄力が強い
  • 手洗いだと難しいところも洗える

悪いところ:

  • うるさい
  • 食器によっては温水や乾燥と相性が悪い(後述)
  • 置く場所の確保が難しい
  • 設置が面倒
  • (プチ食洗の場合)フライパンなどが入らない

よく訊かれるのが「ちゃんと洗える?」ですが油汚れとかは綺麗に落ちます。 むしろ、おろし金とか細いコップとかまな板の包丁の目とか人間じゃ洗えなそうなところまで綺麗にしてくれます。 一方で同じ水が中をぐるぐる回るので食べかすが残ってたり過度に汚れが残ってたりすると全体が汚れます。 食べかすは本当にひどくて、皿に付着したあとに乾燥してこびりつくので落とすのが難しいです。 過度の汚れについては昔ホイップクリームの付いたボウルを入れたら中にいた食器全体がベトベトしてしまったこともあるので入れる前に流せるものは流しておきましょう。

洗剤はJOYのタプレットを使ってます。洗浄力が高い気がします。

乾燥についてですが、木製、竹製は相性が悪いです。 表面のニスやワックスは落ちてボロボロになりますし、竹は曲がります。木の汁碗が割れたこともあります。 あとガラス製品で表面にプリントしてあるものは剥げます。 私は漆器などの工芸品を多く持ってるのでそういうのは手洗いにしてます。 乾燥が終わったらほぼ乾いていますが、茶碗、とくに丼とかの高台には水が溜まります。 取り出すときにしくじるとその水が他の食器が濡れたりするので不織布を用意しておいて拭きましょう。

プチ食洗だとフライパンなど大きな調理器具入らないです。頑張って手洗いしましょう。結局手洗いからは逃れられません。 地味に大きな皿も入らないですし、まな板も収めるのに毎回苦労します。 正確にいくつまで入るかは分かりませんが径が26.5cmの皿は入らなくて22.5cmの皿は余裕で入ります。

洗浄音はうるさいです。ロボット掃除機と同じく回しながらの在宅は厳しそうです。 それでも一人暮らしなら晩朝の食器をまとめて洗えるので家を出る前にスイッチを押すようにしたら大丈夫かもしません。 まあ、ずっとそう上手く運用出来るわけではないので在宅中に回さないといけないときも多々ありますが。私は諦めてノイズキャンセリングヘッドホンを買いました。

忘れがちですが設置はかなり面倒です。 水道を分岐して食洗機に繋ぐので家の水道に合わせた分水器が必要になります。これが結構高くて、私のは8,000円くらいしました。 それに水道のボルトが水垢で固着して簡単には外れないので大きめのモンキーレンチも必要になりました。 因みにウサギ小屋とも言われる日本の住居にお住まいのみなさんは設置スペースが気になるかと思いますが、一応パナソニックから設置用の台座などが出ています。

我が家も台座に載せて設置しています。

食器洗浄機を上手く使うために:

  • 設置出来たら勝ち
  • キッチンの広い家に引っ越す
  • 設置台も併せてどうにか置けないか考える
  • 今まで使っていた水切りカゴは捨てていい

2.5. 食器

食洗機に関連して、食器を調整するとより食洗機が便利になります。

  • 多めに買う
  • 同じのを買う
  • 強いのを買う

先述の通り、一度に2食分程度洗えるので箸を含めたカトラリー、コップ、皿などを最低二揃は用意しておくと便利です。可能ならまな板や包丁などの調理器具も。 カトラリーは来客用に四、五揃あってもいいかもしれません。

数を揃える上で同じものを買うと効率的です。食洗機内で食器テトリスをするにも食器棚で積み重ねるにも同じ形のものが揃っていると空間効率が良くなります。 私はDANSKのビストロ食器がシンプルなデザインで好きです。一番大きいサイズはプチ食洗に入らないので注意。

これまた先述の通り、木製、竹製のものは食洗機と相性がよくありません。 木製、竹製になりがちなものの筆頭は箸/菜箸だと思います。これをステンレス製の強い箸にすると問題が起きなくなります。 日本には中々金属箸がないですが、韓国だと金属箸の文化なので個人輸入するといいと思います。別解として無印とかに売ってる10膳で束になった安い箸を半年くらいで使い潰す手もあります。 あとは手洗いにするとか。

3. 乾燥機付き洗濯機

なんかたまに乾燥機付き洗濯機のことを指してドラム式洗濯機と呼ぶ人がいますが乾燥機の有無と洗濯方式は独立した概念ですよね。 技術的/経済的に実現しやすさが違うとかはあるかもしれませんが私は詳しくないです。

乾燥機付き洗濯機を導入すると天気を気にしながら洗濯をして干して取り込む作業が不要になります。

良い所:

  • 干さなくてよくなる
  • 天気を気にしなくてよくなる
  • 洗濯機を回したあと回収のことを考えなくてよくなる

悪い所:

  • シャツなどがアイロンがけ必須になる

乾燥機付き洗濯機はメリット/デメリットが分かりやすくていいですね。 ボタン押したあとそのまま放置でいいので出掛ける前とかに回せるのが良いところです。

洗濯が終わった後しわくちゃのまま乾燥機に掛けられるののでかなりシワが残ります。 我が家ではシャツ以外にも風呂敷やテーブルクロスなどシワが寄りやすい洗濯物が複数あるのでどう頑張ってもアイロンがけが必須になります。 そういうものは別で洗濯すれば問題なくなるらしいですが流石にそれだと乾燥機付き洗濯機を買った意味がないので却下。 新し目の乾燥機付き洗濯機だとシワになりにくいようになってるらしいですが私は使ったことないです。 あと洗濯機はどう頑張っても洗濯までで、シワを伸ばして畳んで箪笥にしまうのは人間がやらないとだめですね。 一応世間には自動シワ伸ばし機や衣類畳機などがありますがまだ市中に普及するには至ってないようです。

乾燥機付き洗濯機を上手く使うために:

  • 割とハックなく使える

ロボット掃除機、食洗機、乾燥機付き洗濯機を併せて現代の三種の神器なんて呼んだりしますね。

4. 家事代行

機械で出来ないなら人間がすればいいじゃないとはマリーアントワネットの言葉ですが、機械にできない家事は人間に頼むと解決します。 この領域はレッドオーシャンなのか割とインターネットに比較記事が出てるので各自情報収集してソースには困らないかと思います。 私が頼んだ時は主婦っぽい方が来て主婦の手付きで家事をこなしていかれました。主にアイロン掛けに2時間、残りで水回りの掃除をやってもらいました。 地味に日程調整とか面倒なのでこれがペイするかは各々の価値観次第だとは思いますが本当に余裕がなくなる前に一回どんなもんか試しておくと良いんじゃないでしょうか。

5. 温度調整機能付き電子ケトル

ただの電子ケトルではなく温度調整機能が付いてるやつです。

私はコーヒーや玉露や棒茶など複数の嗜好飲料を嗜みます。それらは淹れるのに最適な温度が異なるので淹れる前に温度調整が必要です。 今までは湯冷ましをかを使ってたのですがこのケトルを導入してから面倒毎から開放されました。

棒茶は100℃、コーヒーや煎茶、抹茶は80℃、玉露は60℃と温度の使い分けが簡単にできます。

この山善のやつは注ぎ口も細くなっているのでコーヒーのように淹れるときのお湯の速度まで気にするものにはもってこいです。

6. Amazon fresh

少し便利にするとは方向が違いますが最後にネットスーパーのAmazon freshを紹介します。以下、Amazon freshのレビューです。 私がAmazon freshを使い始めたのは2つの理由があります。 一つは引っ越しの条件から「スーパーに近い」を外すため。 もう一つは私の近所のスーパーがダイエーなのですが、Top Valueの品質の低い商品ばかり入荷していて辟易していたので淘汰圧を掛けるため。 品質が低いとは具体的にはポテトチップスに土が入ってたりするレベルです。

良い所:

  • Top Valueブランドから離れられる
  • 品質はそれなりに良い
  • 冷蔵庫の中身を確認しながら買い物ができる

悪い所:

  • 買おうと思って早くとも次の日に到着
  • 在宅して受け取る必要がある
  • 品揃えは良くない
  • 6000円分以上買わないと送料が掛かる
  • 現物を見れないので買い間違えがある
  • 検索性は悪い

品質云々の前に「そもそもAmazon freshだけで生活できるのか」という疑問もありそうですが割と問題なく生きていけます。 野菜や魚の鮮度も申し分無いです。思うに、スーパーだって割と流通の末端なのでそれがAmazonの配送センターになっただけで特にスーパーと鮮度事情は変わらないのかなと思います。 因みに買い物はスーパー風のビニール袋で届きます。

個人的に品揃えを期待していたのですが普通のスーパー以下です。 恐らくイメージ写真の撮影やDB登録、届け先地域毎の在庫管理などのコストがあるので不定期入荷の品物が扱いづらいんだと思います。 調味料とかの日持ちするやつなら普通のamazonで買うと良いです。anovaで扱う塊肉は諦めて豊洲に行くなり業務用スーパーに行くなりしましょう。

あと現物が見れないのでたまに買い間違え(特にサイズ)をします。サイズ以外だと冷蔵品期待してたのに冷凍品買ってしまうとかも。

あと検索性は悪いです。特に野菜が酷い。肉なら牛、鶏、豚のようにカテゴリが分かれてるのですが野菜だとアボカド、きゅうり、ナスのようなカテゴリ分けがされてます。 これらはそれぞれのカテゴリに2,3品だけ登録されてます。シャノンの情報量って知ってる?あと鮮魚カテゴリに冷凍の魚が登録されていたりします。

だいたい買う食材が固定されてしまうので「今日はきゅうりが新鮮だから買って帰ろう」とか「菜の花が出てる。春だねー」みたいなのできないです。

因みに値段は特段高くはないです。むしろAmazon freshを使い始めて食費は安くなりました。 会計前に合計金額が見れるので感覚より高いなと思ったら割高の商品をカートから外したりできるのが効いてるのかもしれません。

一度の買い物で6000円以上の制約がつくのは一人暮らしにはつらいですが、慣れれば案外やりくりできます。 1週間分買うつもりでカートに入れると6000円分買えるようになります。

稀にに注文した商品が届かないケースもあります。 流石にレアケースだとは思いますが、年末にすき焼きでも食べるかと思って諸々買ったらすき焼き肉が品薄で勝手にキャンセル、返金されました。 代替品として無料でステーキ肉が送られてきました。 差引するとステーキ肉分まるまる得しているのですが、すき焼きに使えるでもなくすき焼きの具材を持て余して気分的には損しました。

総じて都心で買い物難民してる奥様向けのサービスなのかなーと思ってます。家の前まで持ってきてくれますし。 私は別に買い物袋抱えて家に帰るのは苦痛じゃないのですが重いという声はちらほら聞きますね。特に米とか。

ガスコンロの掃除とかアイロンがけとかを自動化できないかな。

κeen Written by:

エンジニア